株式会社赤羽金属製作所

 

会社沿

 

挑戦の歴史が技術を磨き、先達の努力が今日をつくりました

 

ヒ   ス   ト   リ ー

1950

創立者 西川清 が現在地(現・本社工場)に『西川製作所』を創立
計器類の「板バネ」、「ゼンマイ」等の製造を開始し、第一歩を踏み出す

1951

商号を『赤羽金属製作所』に改称

1951

「サッシ用金物」の製造を開始

1953

株式会社ニチベイと取引を開始、ブラインド製品の開発に協力し、ブラインド部品の製造を開始、後に間仕切り部品等にも着手

1959

『株式会社 赤羽金属製作所』として法人改組し、資本金300万円でスタート

代表取締役 西川清

本田技研工業株式会社と取引を開始、当初2輪車部品で参入し後に四輪車・汎用機等の部品製造にも着手

1961

資本金を600万円に増資

1965

資本金を1200万円に増資

現在地に本社工場が落成

1969

神奈川県厚木内陸工業団地内に『厚木工場』を開設

1975

「ゴルフクラブ用金具」の製造を開始

1978

日本電気精機株式会社と取引開始

1979

「建築用ドアヒンジ」の製造を開始

1981

株式会社オーハシテクニカと取引開始

1983

株式会社ホンダロックと取引開始

「医療用点滴スタンド」の製造開始

1987

海上輸送コンテナ7台による金型、パーツ保管庫完成

1989

ABS装着車種が増えて、株式会社ホンダロックとの取引量が増大

1991

日本精工株式会社と取引を開始

「リトラクターベース」組立の製造開始(シートベルト関連部品)

1992

『岩淵工場』を開設、切削専門加工工場とする

1994

茨城県石岡市に『茨城倉庫』を開設、金型・パーツ保管を厚木工場から移管

1995

「アジャスト・アンカー」組立の生産開始(シートベルト関連部品)

1996

「バックル」組立の生産開始(シートベルト関連部品)

「ピッチング映像システム」の生産開始(バッティングセンター向け)

「吐水口ユニット」の生産開始

代表取締役社長に 野本吉之助 就任

1997

「プリテンショナー」の組立、生産を開始(シートベルト関連部品)

「スルーアンカー」の組立、生産を開始(シートベルト関連部品)

「ホースリミッター」の組立、製造を開始(シートベルト関連部品)

1998

シートベルト縫製完成品の製造を開始

NSKステアリングシステムズ株式会社と取引を開始

2000

本社工場、ISO14001(1996年版)認証取得

2001

厚木工場、ISO14001(1996年版)認証取得

2003

本社工場及び厚木工場でISO9001(2000年版)の認証取得

株式会社カーメイトと取引開始

2005

本社工場と厚木工場のISO14001の登録を統合、同時に2004版に移行

技術開発プロジェクト室設立、他製造会社と共同開発による「痛くない注射針」の製造方案を見出した

2006

三桜工業株式会社と取引開始

2008

スズキ株式会社と取引を開始

埼玉県川口市に『鳩ヶ谷倉庫』を開設、物流拠点とする

2009

岩淵工場を本社工場及び、厚木工場へ整理統合し合理化を計る

2010

代表取締役社長に 小林実 就任

2018

株式会社日立ハイテクマテリアルズと取引開始

2020

代表取締役社長に 蒲生好司 就任

鳩ヶ谷倉庫を廃止、本社工場へ整理統合する



TOP

 

Copyright 2020 Akabane Metal Industry Co., Ltd All Rights Reserved.